広島カンポス 宝刀・縦スラで三振量産だ「未来が明るい」

[ 2018年1月27日 05:30 ]

グラウンドでガッツポーズをするカンポス
Photo By スポニチ

 救援として期待されるベネズエラ出身右腕の広島・カンポス(前ブルージェイズ)はマツダスタジアムで会見。「日本でプレーすることは未来が明るいし、挑戦する価値がある。非常に興奮している」と胸を高鳴らせた。

 昨季は中継ぎとして13試合に登板し、防御率2・63。縦に落ちるスライダーが得意で、三振を取るタイプだと自負する。「自分の持っている全てを出し切り、チームの貢献を一番に考えたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月27日のニュース