エンゼルス“大谷二刀流ボブル”配布発表 ダル&マー超え1年目大抜てき

[ 2018年1月27日 09:55 ]

日本ハムでも投手・打者の二刀流のボブルヘッド人形が製作された大谷
Photo By スポニチ

 米大リーグ、エンゼルスは26日、今季の本拠地試合で来場者に配る景品を発表し、7月12日のマリナーズ戦で大谷翔平投手(23)の首振り人形「ボブルヘッド」が先着2万人にプレゼントされることになった。リリースでは「Ohtani Double Bobblehead」となっており、投打の二刀流としてファンにプレゼントするとみられる。

 首振り人形はスター選手の証だ。各球団でこの企画を行うのは年間4〜6回程度。ダルビッシュ(ドジャースからFA)、田中(ヤンキース)の人形が配布されたのはいずれも2年目だったが、大谷は01年イチロー(マリナーズ)、03年松井(ヤンキース)と同様に1年目からの大抜てきとなる。

 エンゼルスタジアムで行われた昨年12月の入団会見では、Tシャツなどの大谷グッズを販売。1日で5万ドル(約555万円)程度を売り上げた。クール・チェアマンは「ファンは早くも翔平に夢中になった。ルックスも抜群だし、ユーモアのセンスもいい」と集客力にも期待していた。

 今季の入場チケットは2月3日から発売される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月27日のニュース