清宮 右手親指負傷後初スイング「思ったより振れた。痛みもない」

[ 2018年1月27日 08:40 ]

負傷後初の素振りで感触を確かめる清宮
Photo By スポニチ

 18日に右手親指を痛めた日本ハムのドラフト1位・清宮(早実)が、千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレ最終クール初日で負傷後初めてバットを握った。

 軽く素振りをして、右手親指の感触を確認。負傷後、初めてのスイングに「思っていたより振れていたし、痛みもない。それに関しては良かった」と安どの表情を浮かべた。

 27日も当日の状態を見て打撃練習再開のタイミングを探っていくが、前日の再検査の結果を受け「経過的に全然悪くないので順調」と表情は明るい。前日には米アリゾナ州で始まる1軍キャンプ参加も正式決定。2月10日(日本時間11日)に予定される今季初の実戦となる韓国・KTとの練習試合に向け「焦る必要はないけど間違いなくそうなる」と照準を合わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月27日のニュース