ヤクルト川端が餅つき 腰の状態良好「初日からみんなとやる」

[ 2018年1月13日 05:30 ]

松山自主トレ中に餅つきをするヤクルトの川端
Photo By スポニチ

 松山市内で合同自主トレ中のヤクルト・川端が、約6時間のメニューをこなし、昨年8月に椎間板ヘルニアの手術を受けた腰の状態の良さをアピールした。

 この日は、地元関係者の計らいで先輩から22年間続く同地自主トレで初の餅つきも行い「お餅のように粘り強くいきたい」と話した。昨季はプロ12年目で初の1軍出場なしに終わったが、現在は腰周り強化をテーマに肉体改造を続けており「沖縄で初日からみんなと一緒に全力でやることしか考えていない」と1軍キャンプ参加を志願した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月13日のニュース