PR:

清宮、サングラス着用にも興味 守備は複数ポジション視野

オークリー社による測定でモニターに大きく映る清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムドラフト1位の清宮は新人合同自主トレ第2クール初日でも本職のファーストミットを封印した。栗山監督は守備位置について「俺は全部(のポジションを)考える」と複数ポジションを練習させる考えで、内野用グラブでノックを受けた清宮は「(一塁以外も)任されたら全力でやる」と力を込めた。

 一塁には中田がおり、複数ポジションを守れれば出場機会が増える。入寮時にファーストミット以外に内、外野用の3種類のグラブを持参。一塁と外野は早実時代の公式戦で経験があるだけに、飯山2軍内野守備コーチも「監督が言っているように可能性はゼロではない。守備はやればやるほどうまくなる」と話した。

 練習後にはオークリー社による目の測定を行った清宮。高校時代に測った視力は1・5以上と明かし「サングラスは(高校時代に)つけていたこともあったけど、使いづらかった。慣れなのかな。(それでも)サングラスは格好いい」と高校時代は見られなかったサングラス着用にも興味を示していた。(東尾 洋樹)

[ 2018年1月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム