西武ドラ1斉藤大キャンプ1軍スタートも 辻監督「見てみたい」

[ 2018年1月13日 05:30 ]

練習後、消防訓練で強力しあう西川(左)と斉藤大
Photo By スポニチ

 西武・辻監督が、ドラフト1位の斉藤大(明大)の春季キャンプでのA班(1軍)スタートを示唆した。第2クールがスタートした西武第2球場での新人合同自主トレを初視察。キャッチボールなどを見守り、斉藤大について「この時期からあれだけ投げられている。大学でもあそこまでやっている選手ですから、ぜひ(手元で)見てみたいというのはある。その(A班スタート)つもりでいます」と語った。

 野上、牧田が抜けたことを受け、斉藤大にかかる期待は大きい。自主トレ開始時には新人選手の前で「ライオンズの大きな看板を背負って立つわけだから、責任と自覚を持ってやってくれればいい」と訓示した。 (春川 英樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月13日のニュース