PR:

原辰徳氏 星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は愛の激励に涙

星野仙一氏死去

03年に巨人の監督を退任する際、星野仙一氏(手前)と抱き合う原辰徳氏
Photo By スポニチ

 巨人の原辰徳球団特別顧問(59)が6日、4日に亡くなった楽天の星野仙一球団副会長(享年70)への追悼のコメントを球団を通じて発表。「現役でも対戦させていただいて、監督としても戦うことができたのは、私の誇りです」と哀悼した。巨人の第1次政権時代には、退任時に星野氏から「必ず戻ってこい」と激励され「自分でもどう表現していいか分からないぐらい感動した」と涙した。

 原氏は「本当に驚きました。そしてショックです」と突然の訃報に驚きを隠せない様子。「現役でも対戦させていただいて、監督としても戦うことができたのは、私の誇りです。星野さんからは、優しさと厳しさというメリハリを勉強させていただきました」と感謝した。

 「最後にお会いしたのは、昨年の野球殿堂入りを祝う会でした」と最後の交流を回顧し「ご逝去されたことがいまだに信じられません。心からご冥福をお祈りします」と悼んだ。

 星野氏と原氏といえば、2003年10月7日、甲子園球場。翌年の組閣をめぐるフロントとの確執から、この年限りで辞任する巨人・原監督はシーズン最終戦の阪神戦に臨んだ。6―2の白星でラスト采配を飾った。試合後の惜別セレモニー。阪神・星野監督は本塁ベース上で花束を渡し、原監督の肩を抱きながら耳元で「くじけるな。また勉強せいよ。そして必ず戻ってこい」とささやいた。泣かないと決めていた原監督の目から大粒の涙が流れ、球団の垣根を越え、ファンの感動を誘った。

[ 2018年1月6日 10:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月24日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム