ロッテ「初耳学」プロデューサー招へい 観客動員増へ手腕期待

[ 2018年1月6日 05:30 ]

年頭あいさつで今季のスローガンである「マクレ」のポーズを決めるロッテ・山室晋也球団社長
Photo By スポニチ

 ロッテ・山室晋也球団社長がTBS系の「林先生が驚く初耳学!」を手がけた敏腕プロデューサーの招へいを明かした。氏名は非公表としたが「かなりの辣腕(らつわん)。面白いことをやってほしい」と進行中の本拠地改修後はスマートフォンやLED照明を駆使した演出もあり、その手腕に期待がかかる。

 今季は本社創立70周年、球団は創設50年目。昨季145万人だった入場者数について「160万人。そして200万人を目指したい」と「知ってた」と言わせない「初耳」なサービスで動員増を狙う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月6日のニュース