NTT東日本 堀が連覇へ意欲「大事な所を任されるように」

[ 2018年1月6日 05:30 ]

 昨夏の都市対抗で優勝したNTT東日本が5日、千葉県船橋市の同社グラウンドで始動した。都市対抗で若獅子賞を受賞した145キロ右腕・堀誠投手(22)は今秋のドラフト候補。ソフトバンクのスカウトがあいさつに訪れる中、連覇を見据えて「大事な所を任されるようにしたい」と意欲を示した。

 立正大時代は同期の黒木(現オリックス)とともにプロからも注目されたが、社会人を選択。「遠回りではなかったことを証明したい」と話した。また、東京ガスも都内のグラウンドで始動した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月6日のニュース