大谷に200分インタビュー、大きな夢語る「200キロ投げたい」 30日テレ朝で放送

[ 2017年12月29日 09:11 ]

笑顔でインタビューに答える大谷
Photo By 提供写真

 テレビ朝日系列で、30日に放送される「大谷翔平の来た道」は、計3回、200分に及ぶロングインタビューを基に構成。一躍注目を集めた花巻東時代、そして数々の二刀流伝説をつくり上げてきた日本ハムでの5年間を、大谷が自らの言葉で振り返り、球速については「投げられるのであれば、180キロでも190キロでも200キロでも…。投げてみたいですね」と、人間の常識を超えた夢を明かしている。

 また、番組では大谷の両親、花巻東の佐々木洋監督にもインタビューを行い、秘蔵映像や写真を交えて「二刀流・大谷」のルーツを探った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2017年12月29日のニュース