楽天本拠地 2018年1月から「楽天生命パーク宮城」に変更

[ 2017年12月25日 16:20 ]

今季のコボスタ宮城
Photo By スポニチ

 楽天は25日、本拠地の「宮城球場」の球場名を2018年1月1日から「楽天生命パーク宮城」に変更すると発表した。

 宮城球場の施設命名権(ネーミングライツ)は2017年1月から楽天株式会社と宮城県の間で3年契約が締結されておりその際に「Koboパーク宮城」に変更されたが、1シーズンでの再変更となった。今回の球場名はこの契約が満了する19年末までの見込み。短縮表記は「楽天生命パーク」「楽天生命」となる。

 宮城球場は楽天が球団創設時に本拠地に指定してからこれまで以下のとおり球場名を変更している。

 ◆宮城球場の球場名変遷

 2005年3月〜2007年10月 フルキャストスタジアム宮城

 2007年10月〜2013年12月 日本製紙クリネックスタジアム宮城(2008年2月から2010年12月までは企業名の「日本製紙」を球場名から外していた)

 2014年1月〜2016年12月 楽天Koboスタジアム宮城

 2017年1月〜同12月 Koboパーク宮城

 2018年1月〜2019年12月(予定) 楽天生命パーク宮城

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月25日のニュース