セクハラ発覚の暁星国際27歳元監督 6カ月の謹慎処分に

[ 2017年12月20日 05:30 ]

 日本学生野球協会は19日、都内で審査室会議を開き、暁星国際(千葉)の27歳の元監督には6カ月の謹慎処分が下された。

 部員の布団に入って頭をなでたり、耳をかんだりしたといい、11月に保護者が木更津署へ相談したことから発覚。この監督はすでに依願退職しているが、常本委員長は「今の時代は同性間セクハラもある。厳しく対応した」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月20日のニュース