【決断】ソフトB・吉本 投げることが恐怖に変わった「下町のダル」

[ 2017年12月13日 08:10 ]

「下町のダルビッシュ」と呼ばれた吉本。最速154キロを誇るも故障やイップスに苦しんだ現役生活だった
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・吉本祥二投手(24)は今春の宮崎キャンプは主力中心のA組に呼ばれ、ブレークの期待も高まっていた。だが、応えられないまま時は過ぎていった。オフに待っていたのは戦力外通告。まだ24歳だが、吉本にトライアウトの選択肢はなかった。最速154キロを誇る右腕だが、いつの間にか、投げる喜びの感情は「恐怖」へと変わった。

 「マウンドに上がることさえつらかった。ブルペンでは大丈夫だけど、あそこに上がると制球できず、四球を連発してしまった」

 心理的要因で起こる投球イップス。「ストレートの力は1軍で通用する」と今春、佐藤投手コーチ(現楽天投手コーチ)から太鼓判をもらったように潜在能力はピカイチだった。ただ、制球難と故障がちだったこともあり、3年目から育成選手で主戦場は3軍だった。プレートからホームベースまでの18・44メートルはブルペンもマウンドも変わりはない。だが、越えられない高い壁だった。

 同期の影を追いかけたが、踏むことさえかなわなかった。東京・足立学園では「下町のダルビッシュ」と騒がれ、11年ドラフトで2位指名された。1位は同学年の武田だった。1年目に8勝を挙げた同期はまばゆかった。「悔しかった半面、自分の実力に気づかせてくれた」。一番近くで見てきた仲間だから、自分との違いが分かり、決断を後押しした。

 「スターになれ」。秋季キャンプへあいさつに行った際、達川ヘッドコーチから助言された。それほど1メートル88の長身と、ルックスはモデルと見間違うほどだ。ただ「人前に立つのはやっぱり苦手です」と苦笑い。地道に生きると決めていた。

 そんな男に思わぬオファーが来た。11月下旬、東京・汐留にあるソフトバンク本社に出向いた。球団のセカンドキャリアで勧められたのは本社採用だ。世界が相手の一流企業の仕事に「高卒でこんな仕事を紹介してもらえる。なかなかある話ではないと思います」と心は前を向いている。

 研修段階で、進む道が正式に決まったわけではない。ただ、新たな戦場へ向かう24歳の心にはユニホームを着ていた頃の恐れの感情は消え、ただただ、希望があふれている。 (福浦 健太郎)

 ◆吉本 祥二(よしもと・しょうじ)1993年(平5)6月26日、東京都足立区生まれの24歳。足立学園では高3夏の東東京大会4回戦が最高だったが、最速150キロの能力を買われ、11年ドラフト2位で入団した。1軍登板のないまま、14年オフから育成選手として再契約。1メートル88、84キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月13日のニュース