DeNA「8番・投手」来季も、ラミ監督明言「道理にかなう」

[ 2017年12月12日 05:30 ]

DeNA・ラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAは来季も「8番・投手」を継続する。ラミレス監督は「(日本シリーズまで)勝ち上がれたのはラッキーだと思っている人もいるかもしれないが、8番を投手が打つのが道理にかなっている」と力説。

 今季は108試合で先発投手を8番に置いた。9番に得点圏打率・342とリーグ2位の倉本がいることから、投手にバントをさせて得点を重ねた。ハワイでバカンス中の指揮官は「続けていこうと考えている」と自信を深めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月12日のニュース