阪神にモレノ新加入、ベネズエラ出身の150キロ超右腕 夢つかむ

[ 2017年12月12日 05:55 ]

阪神と来季の契約を締結し、ポーズを決めるモレノ(阪神球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神のマテオ、ドリスのスタンバイ要員としてモレノの新加入が正式に決まった。年俸50万ドル(約5700万円)の単年契約。背番号48。ベネズエラ出身の右腕は球団を通じ、「日本でプレーすることが決まり、大変興奮しております」と喜びを表した上で「親日家」をアピールした。

 「西武ライオンズのメヒア選手と同郷で、日本の野球に関しては聞いておりました。ヤンキースに在籍している時には田中投手のブルペンでの投球を見ていたのですが、野球に真摯(しんし)に取り組んでいる姿が印象的でした」

 すでにメヒアから日本球界の情報は収集済みで、田中将大の姿勢にも感銘…。マテオ、ドリスがつかんだジャパニーズ・ドリームを自らも手にすべく早くも前のめりだ。揚塩健治球団社長は「1軍登録枠の制限もありますが、全員が戦力になってくれるよう、モレノに対しても期待しています」と話した。

 武器は最速150キロ超の直球。メジャー通算1勝ながら3Aでは通算104試合登板12勝4敗9セーブ、防御率3・50と実績十分。有事に備え、虎視眈々(たんたん)と準備を整える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月12日のニュース