西武 牧田のポスティング申請、メジャー行き全面バックアップ

[ 2017年12月12日 05:30 ]

西武がポスティング申請した牧田
Photo By スポニチ

 西武は11日、メジャー移籍を目指す牧田和久投手(33)のポスティングシステムの申請手続きを行ったことを発表した。日本野球機構(NPB)を通じて申請を受けた大リーグ機構(MLB)が全30球団に通知後、譲渡金を支払う意思を持つ全ての球団は30日間交渉できる。

 鈴木葉留彦球団本部長は「(メジャー市場で)動きが少しずつ出てきた。(牧田が)行きやすいように彼の要望に応えました。(譲渡金も高額でない形で)考慮しています」と説明。同システムの申請手続きを行った選手は球団史上5人目になる。「思い通りいかない状況だったら、戻ってきてもいいと全面的にバックアップしている」とメジャー球団と契約に至らなかった場合は、西武が再契約を結ぶ意向も語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月12日のニュース