米野球殿堂に通算254勝モリス氏、2365安打トランメル氏

[ 2017年12月12日 05:30 ]

米野球殿堂入りの決まったモリス氏の現役時代(AP)
Photo By AP

 米野球殿堂は10日、タイガースで同僚だった通算254勝のジャック・モリス氏(62)と通算2365安打のアラン・トランメル氏(59)の殿堂入りを発表した。1970〜87年に優れた功績を残した球界関係者の候補から選考委員16人の投票で選んだ。モリス氏は81、92年に最多勝、91年のワールドシリーズではMVPに輝いた。タ軍一筋の遊撃手だったトランメル氏も84年のシリーズMVP。ゴールドグラブ賞を4度獲得し、同球団で監督を務めた。

 元ヤンキースの松井秀喜氏が候補に入った全米野球記者協会が選ぶ殿堂入りは来年1月24日(日本時間25日)に発表される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月12日のニュース