秋最下位の早大 来季14年ぶり助監督復活 OB佐藤孝治氏就任へ 

[ 2017年12月9日 05:48 ]

佐藤孝治氏
Photo By スポニチ

 東京六大学リーグの早大野球部は来季14年ぶりに助監督職を復活させ、OBの佐藤孝治氏(55)が就任することが8日、分かった。

 佐藤氏は国鉄で新人王などを獲得した強打者・孝夫氏を父に持ち、早実3年夏に1年生の荒木大輔とバッテリーを組んで甲子園準優勝。早大を経て日本石油で9年間プレーした。学内での肩書はコーチだが、連盟には助監督として登録する。今秋は東大と同率最下位に沈み、巻き返しを図る中、約150人の大所帯に目を配るためには指導者の増員が不可欠で佐藤氏に白羽の矢が立った。来年1月からグラウンドに立つ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2017年12月9日のニュース