×

中日・平田 白バットで「一から出直す」大島はグラブ「あとは腕だけ」

[ 2017年12月8日 05:30 ]

バットを手にする中日・平田
Photo By スポニチ

 SSK社のプロスタッフ会議に中日の平田、大島が参加し、用具のマイナーチェンジを決断した。

 平田はバットを従来のオレンジ色から白色に変更し「原点に戻る。一から出直すという意味で真っ白にした」と明かした。大島はグレー地に青色のひもを使用した「ドラゴンズカラー」のグラブを採用。ゴールデングラブ賞を5度獲得した名手は「いいグラブが来た。あとは腕だけ」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2017年12月8日のニュース