ロッテ成田 ヤクルト石川と秋田商対決熱望「胸を借りるつもりで」

[ 2017年12月4日 05:30 ]

ロッテの成田
Photo By スポニチ

 日本プロ野球選手会は3日、秋田県大館市内で「ベースボールクリスマスin秋田」を開催。プロ初勝利を目指すロッテの2年目・成田は、交流戦で母校の先輩であるヤクルト・石川との「秋田商対決」を目標に掲げ、恩返しの勝利を誓った。

 通算156勝を誇る37歳左腕から「交流戦で投げ合えたらいい」とエールをもらうと、18歳下の左腕は「胸を借りるつもりで思いっきり投げたい。勝てるように」と力を込めた。「秋田商に進んだ理由に石川さんの存在があった」という憧れの先輩に、前夜は寿司をごちそうになった。投球の際の手首の使い方や、「来年20歳になる。自覚を持つように」と社会人としての振る舞いも助言された。「3年目に生かしたい」。今後は巨人・田口との自主トレを予定しており、3年目の飛躍につなげていく。 (細川 真里)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月4日のニュース