中日・京田 大幅増!4000万円でサイン 新人王にも「満足していない」

[ 2017年11月29日 11:46 ]

大幅アップ4000万円で契約更改した中日・京田は、報道陣からプレゼントされた新人王を祝うケーキを手に笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 中日の京田陽太内野手(23)が29日、ナゴヤ球場内で契約更改交渉に臨み、年俸1200万円から大幅増となる4000万円でサインした。

 会見の冒頭、来季の年俸を尋ねられた京田は「35億です!」と渾身のボケ。今季は登場曲にブルゾンちえみがネタの際に使用するオースティン・マホーンの「Dirty Work」を選択。ナゴヤドームでは打席に入る際、ファンが「35億!」と叫ぶのが恒例になっていた。それを知っていたルーキーは、プロ初の契約更改を終えて「(35億と言おうと)ちょっと考えていました」といたずらっぽく笑い、報道陣を和ませた。

 今季はルーキーながら正遊撃手の座をつかみ、球団新人記録を更新する149安打をマーク。チームでは98年川上憲伸以来となる新人王を獲得した。それでも成績については「全然満足していない」ときっぱり。2年目の来季に向けて「143試合、フルで最後まで出続けられるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月29日のニュース