ソフトB、来季キャンプ一部有料化検討 週末に客席販売プラン

[ 2017年11月29日 05:30 ]

 ソフトバンクが来年2月に宮崎市で行う春季キャンプの一部有料化を検討していることが28日、分かった。来場者の増える週末などに駐車場やお土産付き観覧席を用意し、球場の一部客席を販売するプランだ。04年から始まった宮崎キャンプは練習、紅白戦などは基本的に無料公開だった。

 キャンプ地となる生目の杜運動公園を所有する宮崎市などと交渉中だが、了承を得られれば球界でも異例の「有料キャンプ」が行われることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月29日のニュース