神宮大会大学の部 星槎道都大の初Vか、日体大37年ぶり優勝か

[ 2017年11月14日 18:42 ]

 明治神宮野球大会大学の部は14日、準決勝を行い星槎道都大、日体大が勝ち15日の決勝で対戦することになった。星槎道都大は環太平洋大に8回コールド勝ち、日体大は松本が好投して東洋大を下した。今季で勇退を表明している東洋大の高橋昭雄監督は最後の試合となった。

 星槎道都大は北海道勢としては初の決勝進出。日体大は1980年以来37年ぶり、2度目の優勝を狙う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月14日のニュース