侍ジャパン7投手完封リレー 山崎康「落ちる球」手応え

[ 2017年11月14日 05:30 ]

侍ジャパン練習試合   侍ジャパン6―0西武 ( 2017年11月13日    清武SOKENスタジアム )

 回の途中でも交代する小刻みな7投手の継投で完封した。7回は石崎で8回は又吉、9回は山崎康。建山投手コーチは「(継投は)あの形をイメージしている」と話し、勝利の方程式が決まった。

 15年のプレミア12など、国際大会経験がある山崎康は、強振してくる外国人打者に「落ちる球」が有効と判断。ツーシームで木村文を空振り三振、金子一も三ゴロに打ち取り「いい形で試すことができた」と見据えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月14日のニュース