メジャー通算138勝、ジョシュ・ベケット氏が逮捕 酔った勢いで“悪ふざけ”

[ 2017年11月12日 09:26 ]

レッドソックス時代のジョシュ・ベケット氏 (AP)
Photo By AP

 元メジャー投手のジョシュ・ベケット氏(37)が11日、テキサス州にあるカントリーミュージックのライブハウスで開かれたオープンマイク(店が飛び入りの客にマイクを開放するイベント)で逮捕された。

 米国のゴシップサイト「TMZ」によると、ベケット氏は自身のバンドが演奏中、ステージ上のメンバーに飛びついてタックルをお見舞い。地元警察はひどい酩酊状態にあったベケット氏が、自身や周囲に危害をもたらすと判断し、逮捕に踏み切った。本人はメンバーに飛びついた事実を認め、悪ふざけのつもりだったと話しているという。

 ベケット氏はマーリンズ、レッドソックス、ドジャースの3球団で活躍し、2014年限りで現役を引退。メジャー14年間で通算138勝をマークした。マーリンズ時代の03年にはワールドシリーズMVP。レッドソックス時代の07年には20勝で最多勝利のタイトルを獲得した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2017年11月12日のニュース