ソフトB鶴岡、FA権行使で退団へ「どこの球団でも、ばりばりやりたい」

[ 2017年11月7日 14:02 ]

ヤフオクドーム内の球団事務所を訪れ、FAの手続きをしたソフトバンク・鶴岡
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの鶴岡慎也捕手(36)は7日、ヤフオクドーム内の球団事務所を訪れ、今季、再取得したFA権行使の手続きを行った。

 手続き後、報道陣の前に姿を見せた鶴岡は「FAを申請し、退団という形で新天地を探します。ホークスには地元球団でやりたい気持ちをかなえてもらい、感謝しています。4年で3回日本一になれた。個人的にはぱっとした結果は残せませんでしたが、最強メンバーに囲まれ、すごいレベルの高い野球ができた。自分の野球人生の宝物になった」と心境を語った。

 今季は3番手捕手の扱いで出場は29試合、先発マスクは2試合だった。日本シリーズ第4戦の8回1死にはDeNA浜口の無安打無得点を阻止する二塁打を放った。今後は「どこの球団でも、体は元気なのでばりばりやりたい。もう一度、日本一を経験したいです」と幅広く、オファーを待つ考えを示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月7日のニュース