イチローがFAに マーリンズが来季選択権行使せず

[ 2017年11月4日 03:45 ]

マーリンズのイチロー(AP)
Photo By AP

 米大リーグのマーリンズは3日、球団側に選択権があるイチロー外野手(44)との来季契約を更新しないと発表した。

 イチローはフリーエージェント(FA)となり、今後はマーリンズを含む全球団と交渉可能となる。マーリンズは1年200万ドル(約2億3千万円)で契約を更新できる権利を持っていた。

 今季、イチローは136試合に出場、打率・255、3本塁打、20打点の成績を残した。シーズン代打安打の大リーグ記録28にあと1本に迫るなど50安打し、メジャー通算安打数を歴代22位の3080本に伸ばした。2001年にマリナーズ入りしたイチローは12年途中にヤンキースに移籍、15年からはマーリンズでプレーしていた。

 マーリンズはデレク・ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、イチローとの契約を更新するかが注目されていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月3日のニュース