由伸監督、初の打撃投手で98球 小林「打ちやすかった」

[ 2017年11月3日 05:30 ]

打撃投手を行う高橋監督
Photo By スポニチ

 巨人は秋季キャンプ2日目で、高橋監督が監督就任後初の打撃投手を務めた。小林相手に98球を投じ「自分で投げた感じで(投手との)間とか、合っている合っていないとかがね」と普段とは違う視点で分析した。柵越え1本を放った小林は「緊張したが打ちやすかった。結果が出ていないのでしっかり打てるようにならないと」と感謝した。

 この日は初日に続いて約2時間、振り続ける過酷なメニューが組まれ、重信、宇佐見ら4選手が足をつる中、必死にスイングを繰り返した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月3日のニュース