立大 リーグ史上初両投げ投手の赤塚が神宮初登板「自分の中で出すものは出せた」

[ 2017年11月3日 16:14 ]

<早大・立大>新人戦で神宮初登板を果たした両投げ投手の立大・赤塚 
Photo By スポニチ

 東京六大学野球は3日、神宮球場でフレッシュトーナメント3位決定戦を行い、両投げ両打ちの立大・赤塚瑞樹投手(2年)が、神宮初登板。同リーグ史上初の両投げ投手は、4―3の7回から2/3回を投げ、1安打2失点(自責0)、1奪三振だった。試合は立大が7―5で競り勝った。

 7回から初めて神宮のマウンドに上がると、投球練習では右、左、右と左右で投げ分けてウォーミングアップ。先頭の左打者・山野には最速141キロを誇る右投げで臨み、二ゴロ失策、中前打、死球と無死満塁のピンチを招くと、続く4番・和田を迎えた場面では二ゴロ野選で失点。それでも5番・重田は右投げで空振り三振を奪った。次に左打者の6番・富田を迎えると、左投げにスイッチ。左犠飛を許し、2点を失ったところでマウンドを降りた。この日はベンチの指示で右投げ、左投げを投げ分けた赤塚は「いい緊張感で楽しんで投げられた。自分の中で出すものは出せた」と初登板を振り返った。

 本来は右利きだが、小2から父・浩樹さんに勧められて両投げに転向した。岐阜・麗沢瑞浪では甲子園出場経験はないが、高校時代から両投げ用グラブで1人ごとにスイッチして投げる姿が話題を集めていた。最速は右投げが141キロで、左投げは130キロ。「目指すところは両方とも本格派。利き腕は関係なく、直球で押していけるような投手になりたい」と来春からのリーグ戦デビューを目標に掲げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月3日のニュース