WS最終戦チケット“転売価格”399万円 約3割が2次市場に

[ 2017年11月3日 09:05 ]

ワールドシリーズ第7戦   ドジャース1―5アストロズ ( 2017年11月1日    ロサンゼルス )

ドジャースタジアム名物のホットドッグなどに仮装して第7戦で熱い声援を送った地元ロサンゼルスのファン
Photo By スポニチ

 【Wシリーズ舞台裏】米国では観戦チケットを手に入れた人が転売業者に売り、そこから購入希望者に再び売られるという、2次流通市場が巨大ビジネスとなっている。この日は何と、観客席全体の約3割にあたる1万6000席が2次市場に出ていた。

 ドジャースタジアムでは初のシリーズ第7戦。誰だって手に入れたいチケットだが、問題は値段だ。大手のスタブハブ社によると、朝の時点でネット裏の一番高い席は3万5000ドル(約399万円)だった。

 「午後になって4000ドル(約45万6000円)くらいに下がりましたがロサンゼルスは高速道路の渋滞はひどいし、試合前ぎりぎりに買ったら球場周辺の渋滞に遭うかもしれない」。2番目に高い席を朝、5000ドル(約57万円)で入手した日本人ファンの声だ。

 一生に一度の観戦機会かもしれない、この球場での最終戦決戦。開始数時間前、2枚を計11万7000ドル(約1333万8000円)で購入したファンもいたそうだ。(シリーズ取材班)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月3日のニュース