沢村賞に巨人・菅野 満場一致で初選出 北別府氏「防御率1・59は素晴らしい数字」

[ 2017年10月30日 17:00 ]

巨人の菅野智之投手
Photo By スポニチ

 2017年度の沢村賞選考会(選考委員長・堀内恒夫氏)が都内のホテルで開かれ、5人の選考委員の満場一致で巨人の菅野智之投手(28)が初選出された。

 同賞の選考基準は7項目あり、(1)15勝以上の勝利数(2)150以上の奪三振数(3)10以上の完投試合数(4)2・50以下の防御率(5)200イニング以上の投球回数(6)25以上の登板数(7)6割以上の勝率。菅野は6完投に終わった(3)と、187・1回だった(5)以外のすべてをクリア。選考委員の北別府学氏は「先発で菅野くんの防御率1・59は素晴らしい数字」。同・村田兆治氏は「今まで1年間もたなかったが、毎年候補に選ばれる中で克服した。エースとして試合を作った」とそれぞれ選考理由を説明した。

 選考界では西武の菊池雄星の同時選出も議論されたが、堀内委員長は「過去2人選ばれた例はあるが、ベスト1ということでは5人の選考委員が菅野くんを選びました」と話した。

 受賞した菅野には金杯と副賞300万円が贈られる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年10月30日のニュース