西武・牧田メジャー挑戦へ 今オフのポスティング希望球団に伝える

[ 2017年10月29日 05:48 ]

球団にメジャー挑戦の意向を伝えた西武・牧田
Photo By スポニチ

 西武の牧田和久投手(32)は28日、今オフにポスティングシステムでメジャーに挑戦したい希望を球団に伝えたことを明かした。来週中にも球団と本格的な交渉を行う予定で「向こう(米国)でやってみたい気持ちもあると伝えた。まずは球団の話を聞かないといけない」と語った。

 米国でも希少な下手投げ。さらに先発、中継ぎ、抑えと全ての役割をこなせるのが強みだ。3月のWBCでは侍ジャパンの守護神を務めており「先発でも中継ぎでも与えられたところで結果を出したい」と投げるポジションのこだわりはない。

 ポスティングシステムは球団の許可が必要となり、鈴木葉留彦球団本部長は「戦力として抜けるのは断腸の思い」と話す。牧田は今季取得した国内FA権の資格も持っている。仮に権利を行使すれば、複数の球団が獲得に乗り出すことは確実だ。牧田は「残留も考えている。(決断の)日数も少ないと思うけど、しっかり考えたい」と話し、メジャー挑戦を最優先にさまざまな選択肢を熟考する。 (平尾 類)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2017年10月29日のニュース