「ゴムまり娘」ワンダホー始球式 3回連続バック転でマウンドへ

[ 2017年10月29日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   ソフトバンク10―1DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクD )

始球式に登場した村上茉愛はバック転でマウンドに向かう
Photo By スポニチ

 体操の世界選手権の種目別女子床運動で初優勝し、日本女子で63年ぶりの金メダルに輝いた村上茉愛(日体大)が始球式を行った。「ゴムまり娘」の愛称を持ち、3回連続のバック転を決めてからマウンドへ。ワンバウンド投球も「真っすぐいってくれて良かった」と笑った。

 1000日後となった20年東京五輪での活躍が期待される21歳のエースは「観客の人数も広さも、体操の何倍もある。気持ち悪くなるくらい緊張した」と言いながら「いい経験になった」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月29日のニュース