【オリックス1位】JR東日本・田嶋 社会人No.1の最速152キロ左腕

[ 2017年10月26日 17:31 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2017年10月26日 )

オリックス1位のJR東日本・田嶋は“新人王行き切符”を手に笑顔
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、パ・リーグ4位のオリックスは1巡目の指名で田嶋大樹投手(JR東日本)との交渉権を獲得した。

 田嶋は佐野日大3年時にセンバツ4強入り。当時からドラフト上位候補に挙がっていたがプロ志望届を出さずにJR東日本に入社。今年7月の都市対抗野球では2試合連続完封をマークするなど、最速152キロの社会人No・1左腕に成長した。

 侍ジャパン社会人代表にも選ばれた即戦力左腕は、自慢の快速球だけでなく、スリークオーターから鋭く縦に曲がるスライダーも武器。緩急を駆使した投球は強みの1つだ。

 ◆田嶋 大樹(たじま・だいき)1996年(平8)8月3日、栃木県生まれの21歳。中3時に鹿沼ボーイズで世界選手権に出場し銅メダル。佐野日大では3年春の甲子園で4強入り。15年にJR東日本に入社。同年のBFAアジア選手権、昨秋のU―23W杯で日本代表入り。1メートル82、75キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月26日のニュース