明大 連勝で優勝望み ドラフト候補・斉藤「不安の方が大きい」

[ 2017年10月25日 05:30 ]

東京六大学野球第7週第2日   明大6―3東大 ( 2017年10月24日    神宮 )

 明大が東大の9回の反撃を振り切って連勝し、優勝に望みを残して全日程を終えた。

 今秋ドラフト候補のエース斉藤は登板なし。「(先発した)昨日がふがいなかったので常に行く準備はしていた。まだ終わった感じがしない」と話した。28日からの早慶戦次第で優勝が決まるが、その前にドラフトがある。「不安の方が大きい」と緊張感を漂わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月25日のニュース