和合病院 4強!山口&水野が“スミ1”完封リレー

[ 2017年10月25日 05:30 ]

スポニチ主催天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会 ENEOSトーナメント第3日・準々決勝   和合病院1―0ドウシシャ ( 2017年10月24日    尼崎市記念公園ベイコムほか )

 今年の国体王者・和合病院(愛知西)が接戦を制して4強進出を決めた。初回、2番・安井が右翼にソロを放つと、エース山口、クローザー水野の必勝パターンで“スミ1”を守り切る完封リレー。

 新田英貴監督は「粘って守り勝つウチらしい野球ができた」と笑顔。殊勲打の安井も「今年は公式戦無敗。この勢いで集中を切らさず臨みたい」と意気込んだ。天皇賜杯は68回大会の4強が最高成績。目指すは栄冠のみだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月25日のニュース