広島、CS史上初の降雨コールド勝ち 2勝0敗で突破率100%

[ 2017年10月19日 05:44 ]

セCSファイナルステージ第1戦   広島3―0DeNA ( 2017年10月18日    マツダ )

5回2死二、三塁、菊池はヘッドスライディングで適時内野安打を決める
Photo By スポニチ

 広島が3―0で5回裏終了降雨コールド勝ち。ポストシーズンのコールドゲームは、05年日本シリーズ第1戦以来史上5度目。プレーオフ、CSでは今回が初めてだ。また、降雨によるポストシーズンのコールドは53年の日本シリーズ第3戦以来64年ぶり2度目。

 広島が先勝しアドバンテージの1勝を加え2勝0敗とした。プレーオフ、CSのファイナルSで2勝0敗は過去20チームあって全て日本シリーズ進出。突破率は100%になる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月19日のニュース