大谷 4日先発登板 大リーグ移籍前最後の可能性

[ 2017年10月3日 18:48 ]

キャッチボールする大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムの大谷翔平投手が4日、今季の本拠地、札幌ドームでの最終戦となるオリックス戦に先発登板する。

 登板を翌日に控えた3日、キャッチボールなどで調整し「今まで通り、やれることをやりたい。勝てるようにしっかり投げたい」と意気込んだ。

 今季終了後にポスティングシステムを利用して米大リーグへ挑戦する意思を固めており、移籍前最後の登板になる可能性が高いが、今季初となるDH解除の「リアル二刀流」の可能性について、栗山監督は「今は何も考えていない」と語った。

 大谷は4月に左太もも裏を肉離れするなど投手として出遅れたが、7月に今季初登板。3度目の登板となった9月12日に6回途中まで無失点で今季初勝利をマーク。同21日にも最速162キロを計測するなど6回1失点で2勝目を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月3日のニュース