青木 激動シーズン1安打締め、メッツGM「来季構想にいる」

[ 2017年10月3日 05:30 ]

ナ・リーグ   メッツ0―11フィリーズ ( 2017年10月1日    フィラデルフィア )

<フィリーズ・メッツ>5回、右前打を放つメッツ・青木
Photo By 共同

 メッツ・青木が1番スタメンで1安打を放ち、3球団に所属した激動の一年を終えた。アストロズで6月に日米通算2000安打を達成し、トレード期限間際にブルージェイズに移籍。1カ月弱で自由契約となったが、最後の1カ月をプレーしたメッツでは出場機会を得た。「いろいろあったが、最後にメッツに来て本当に良かった。来年につながるいい経験をさせてもらった」と収穫を挙げた。

 今季は93安打とメジャー6年目で初めて100安打に届かず、打率・277。去就には「一度気持ちをリセットしてからゆっくり考えたい」と語るにとどめた。サンディー・アルダーソンGMは「現時点で来季構想にいる1人」と話している。(小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月3日のニュース