源田、長嶋に並ぶ153安打「1本でも多くの安打を打てるように」

[ 2017年10月2日 22:11 ]

パ・リーグ   西武1―2楽天 ( 2017年10月2日    メットライフ )

7回1死、中前打を放つ源田
Photo By スポニチ

 西武の源田が2安打をマークして、新人としては1958年の長嶋茂雄(巨人)に並ぶシーズン153安打とした。プロ野球の新人記録は56年の佐々木信也(高橋)の180安打。

 初回に右中間二塁打を放つと7回には中前打。残り2試合ではプロ野球記録の更新は不可能に近いが「チームのために1本でも多くの安打を打てるよう頑張る」と話していたルーキーが偉大な選手に並んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月2日のニュース