マドンナジャパン 新ヘッドコーチに元阪神の木戸氏

[ 2017年10月2日 15:52 ]

 NPBエンタープライズと全日本女子野球連盟は2日、侍ジャパン女子代表(マドンナジャパン)の新ヘッドコーチに元阪神の木戸克彦氏(56)が就任すると発表した。チームは来年開催の「第8回WBSC女子野球ワールドカップ(W杯)」で大会6連覇を目指す。木戸ヘッドコーチ就任は、侍ジャパン初の女性監督である橘田恵監督の依頼で実現した。

 他のコーチには早大、大阪ガス出身の猪坂彰宏氏、3大会連続でW杯で主将を務めた志村亜貴子氏が就任する。また、代表選手のトライアウトを行うこともあわせて発表された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月2日のニュース