西武・高橋朋、1年5か月ぶり登板で無失点「緊張していた」

[ 2017年10月2日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―0日本ハム ( 2017年10月1日    札幌D )

<日・西>試合終了後、野上(左)にウイニングボールを渡そうとしたが、譲られる高橋朋
Photo By スポニチ

 昨年7月に左肘じん帯再建手術を受けた西武の高橋朋が1年5カ月ぶりに登板。

 5―0の9回に救援し、1イニングを1安打無失点に抑え「緊張していたのでいつも通りの球ではなかったが、腕を振っていこうと思った」と振り返った。直球は最速で145キロを計測。

 CSに向けて「(シーズンの残り)3試合全部いけるように準備したい」と頼もしかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月2日のニュース