広島、完全Vならず… 岡田が3回KO「何も言うことない」

[ 2017年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   広島7―13DeNA ( 2017年10月1日    横浜 )

<D・広>ガックリとした表情でマウンドを降りる広島・岡田
Photo By スポニチ

 広島は投手陣が粘れず、今季ワーストに並ぶ13失点で最終戦を飾れなかった。DeNA戦の負け越しも決まり、完全優勝を逃した。

 先発した岡田が誤算だった。初回に2本塁打を浴びるなど4失点。3回7失点で降板し「今日は何も言うことはない」と悔しさをかみしめた。CSでの先発枠入りへアピールできず、緒方監督も「残念な結果に終わってしまった」と突き放した。

 ▼広島田中(8号2ランを含む4安打で2年連続のフルイニング出場)年間を通して、やろうとしたことができた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月2日のニュース