西武のルーキー源田 150安打に到達も…失策で同点にされる

[ 2017年9月30日 20:06 ]

<日・西>3回2死三塁、適時打を放つ源田
Photo By スポニチ

 西武のルーキー源田が三回に適時打を放ち、今季の安打数が150に到達した。2死三塁で有原の沈む136キロを右前に運び「先制点が取れて良かった」と喜んだ。

 パ・リーグでは、1956年に佐々木信也(高橋)がプロ野球の新人記録を樹立した180安打に次ぐ数字。ただ、4回に自らの失策が絡んで同点とされ、せっかくの先制打をふいにしてしまった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月30日のニュース