マレーロ“伏線回収”10万号予告していた「次、打つぜ」、結婚宣言も出た

[ 2017年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―0ロッテ ( 2017年9月29日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>6回2死一塁、マレーロが左越えにプロ野球通算10万本となる2ランを放ち両足でしっかりとホームベースを踏む
Photo By スポニチ

 オリックスのクリス・マレーロ外野手(29)は29日、ロッテ戦の6回にプロ野球通算10万号となる左越え19号2ランを放ち、4―0の勝利に貢献した。1936年に藤井勇(タイガース)が第1号を放ってから82年目での到達。本塁踏み忘れで来日初本塁打が幻となったおかげ?で、メモリアル弾を引き寄せた。

 マレーロは左手の人さし指を夜空に突き上げた。今季19号2ランが、通算10万号のメモリアル弾。プロ野球82年目、歴史に名を刻んだのは「本塁踏み忘れ男」だった。

 「日本の長いプロ野球の歴史の中で、いろんなことがあったと思うけど、その中で本塁打を打てて、自分の名前が歴史に刻まれるのは本当にうれしいよ」

 予告弾だった。5回終了時のベンチで、大台まであと1本に迫ったことを聞くと「次、打つぜ」とニヤリ。6回2死一塁、カウント1―1から成田の136キロ直球を左翼席へ運んだ。「いつもより気をつけて本塁を踏んだよ」としっかり両足で本塁を踏みしめた。1936年5月4日にタイガース・藤井勇の第1号から2万9733日、「野球の華」であり続けた本塁打がついに大台に到達した。

 本当ならば、10万1号となるはずだった。1軍デビュー戦となった6月9日の中日戦で左中間へ一発を放ったが、歓喜のあまり本塁を踏み忘れた。判定は本塁アウト(記録は三塁打)となり、来日1号は幻となった。

 メモリアル弾は午後7時43分に飛び出したが、21分前の5回にT―岡田が9万9999号となる先制30号2ランを放った。「踏み忘れたことで名前を覚えてもらった。それで自分に巡ってきたのは不思議なものを感じる。何かの縁かな」。あの珍事がなければ、賞金100万円も同僚に譲るところだった。

 来季残留も決定している助っ人にとってダブルの歓喜だ。婚約中の大学院生デミさんと米国帰国後の今オフに結婚すると宣言。100万円の使い道は未定としたが、神戸市内の自宅でテレビ観戦していた花嫁の婚約指輪など、結婚資金の一部になりそうだ。「プロポーズの言葉?考え中。米国に帰ったら伝えるつもりだよ」。歴史に名を残した男は、フィアンセに生涯忘れることのない言葉を贈る。(湯澤 涼)

 ◆クリス・マレーロ 1988年7月2日生まれ、米フロリダ州出身の29歳。06年ドラフト1巡目(全体15番目)指名でナショナルズ入り。11年にメジャーデビュー。メジャー通算成績は54試合で打率・209、1本塁打、16打点。5月にオリックス移籍。9月5日に年俸1億1000万円で来季の契約延長が決まった。1メートル91、95キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月30日のニュース