オリックス4位確定 マレーロ10万号 吉田一はプロ初完封

[ 2017年9月29日 20:45 ]

パ・リーグ   オリックス4―0ロッテ ( 2017年9月29日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>オリックス先発の吉田一
Photo By スポニチ

 オリックスが4―0でロッテを下し、連敗を4でストップ。今季の4位を確定させ、マレーロのプロ野球10万号に勝利で花を添えた。

 オリックスは5回、T―岡田の右越え30号2ランで先制すると、6回にはマレーロが左越えに19号2ランを放って4点をリード。マレーロの一発は1936年のリーグ戦開始から82年目で到達したプロ野球通算10万号のメモリアル弾となった。

 4点リードをもらった先発の吉田一は9回を散発3安打に抑え、プロ初完投で初完封勝利。先発では2014年8月6日の日本ハム戦以来1150日ぶりとなる白星で今季2勝目(1敗)をマークした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月29日のニュース