プロ野球10万号まであと「4」本 メモリアル弾には賞金100万円

[ 2017年9月28日 21:44 ]

<日・楽>2回無死、ソロ本塁打を放つ大田
Photo By スポニチ

 28日はセ・パ両リーグ合わせて4試合が行われ、8本の本塁打が飛び出した。これでプロ野球の通算本塁打数は9万9996となり、大台の10万号にあと4本となった。

 この日は岡崎(阪神)、梶谷(DeNA)、坂口(ヤクルト)、松本、大田泰(日本ハム)、デスパイネ、高谷(ソフトバンク)、山川(西武)の計8選手が本塁打を記録した。

 29日は阪神―DeNA(横浜)、楽天―日本ハム(札幌ドーム)、オリックス―ロッテ(ZOZOマリン)の3試合が予定されており、記録への期待が高まる。

 プロ野球第1号は1936年5月4日に藤井勇(大阪タイガース)がランニング本塁打で記録した。なお、10万号のメモリアル弾を放った選手にはNPB(日本野球機構)から賞金100万円が贈られる。

◇これまでの節目の一発◇

1号  1936年5月4日  藤井勇(タイガース)

1万号 1957年7月19日 渡辺清(阪急)

2万号 1966年7月6日  井石礼司(東京)

3万号 1973年5月20日 基満男(太平洋)

4万号 1979年6月28日 ウイリアムス(阪急)

5万号 1985年4月23日 仲根政裕(近鉄)

6万号 1990年9月26日 広永益隆(ダイエー)

7万号 1997年9月9日  駒田徳広(横浜)

8万号 2003年9月14日 ペタジーニ(巨人)

9万号 2010年4月4日  ブラウン(西武)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月28日のニュース