阪神 11点大勝!2年ぶりCS進出決定 DeNAは4位巨人とゲーム差なし

[ 2017年9月28日 21:01 ]

セ・リーグ   阪神11―2DeNA ( 2017年9月28日    横浜 )

<D・神>3回2死一、三塁、大和の適時打で生還した中谷(左)を迎える金本監督(中央)
Photo By スポニチ

 阪神はDeNA相手に今季最多タイとなる先発全員の16安打を放ち、11―2と大勝した。この勝利でレギュラーシーズンの3位以内を確定させ、2年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 3回、福留の先制2点打など6長短打を集中し、打者一巡の攻撃で5点を先制。この回で井納をKOすると、続く4回にも2二塁打で1点、5回には岡崎の2号2ランと、この回までに8―0とした。止まらない打線は6回にも福留の左中間フェンス直撃の2点二塁打と大和のこの日2本目となる適時打でリードを11点に広げた。

 大量援護をもらった能見は2失点で今季初完投となる6勝目(6敗)を挙げた。

 敗れたDeNAは順位は3位のままだが、4位・巨人にゲーム差なしとされた。残り5試合。正念場の戦いが続く。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月28日のニュース