巨人 イースタンで3年連続26度目の優勝 10・7に広島とファーム日本選手権

[ 2017年9月28日 16:35 ]

 イースタン・リーグは28日、2位・楽天の試合(対DeNA、仙台泉)がグラウンド状態不良のために中止となったことで、首位だった巨人の3年連続26度目の優勝が決定した。同リーグでは中止による代替試合は行われず、4試合を残して2・5ゲーム差をつけている巨人のVが確定した。10月7日に、ウエスタン・リーグ覇者の広島とファーム日本選手権(サンマリンスタジアム宮崎)を戦う。

 巨人のファームでの今季成績は71勝43敗7分け。チーム防御率はリーグトップの2・74で、6年目の今村がリーグトップタイの8勝を挙げ、奪三振も1位タイの91、防御率は2位の2・47の好成績を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月28日のニュース