タイガース シーズン最終戦で仰天プラン 1選手がすべての守備位置に就く

[ 2017年9月28日 10:15 ]

7月26日のロイヤルズ戦で登板したロマイン (AP)
Photo By AP

 タイガースのアンドルー・ロマイン内野手(31)がシーズン最終戦となる10月1日(日本時間2日)のツインズ戦で9つのポジションすべての守備に就くという。オースマス監督が27日に明言した。

 ロマインは内外野を守ることができるユーティリティー選手。今季は内外野7つのポジションを経験しており、7月26日のロイヤルズ戦では投手としてマウンドにも上がった。ただ、メジャーでのキャリアでまだ捕手を守ったことはなく、今季の最終戦で自身の野球史に新たな1ページが加えられることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月28日のニュース